Category:相続裁判について考えた’

裁判を起こさないようにするためにも

 - by cosmos9

自分の親が亡くなって悲しいはずなのに、家族や兄弟姉妹と遺産相続について話がまとまらずに結果的に裁判になってしまうというのは、特別珍しいことではありません。

単純に後腐れなくハッキリさせたいという理由で裁判を起こす場合もあるようですが、ほとんどの場合には遺産の相続について納得ができずに争う形になってしまったということでしょう。

本当ならば遺言に沿って話を進めるべきでしょうけれど、その遺言へさえ納得できないと主張する場合も少なくありません。
そういった場合にはやはり裁判という形でその決着を付けたいと考えるようです。

確かに裁判をすれば遺産相続については決着が付くと思いますが、でも、家族の間には裁判をすることで大きな亀裂ができてしまうのです。
遺産相続が原因で家族の仲がおかしくなってしまうなんていうのはとても悲しいことではないでしょうか?

そんなことにならないようにするためにも、まずは家族間での話し合いというのは重要でしょう。
誰か一人が独り占めをしようとしているなどということでもない限り、遺言の通りに進めていくべきです。

そしてそのような問題を起こすことがないように、非相続者が存命のうちに家族としっかり遺産相続についての話し合いなどをしておくことが何より重要でしょう。
PR:オンラインだから伝わる!英会話。

長期化しやすい、相続にかかわる裁判

 - by cosmos9

テレビなどのドラマでよく出てくるシーンとして、相続にかかわる裁判の話です。

なかなか迫力があって、そのドラマの核心を暴いていくシーンだったりします。

実際の裁判もそうなのかなといえば、そうでもないのが現実です。

遺産にかかわる裁判は、とかく権利の話になり、その前に調停が不調に終わっているときに行われますから、とても泥沼になります。

そのため、判決にまでいた時間も相当なものになります。

その期間も1~5年などとも言われるほど長期化しやすい案件でもあるのです。

弁護士を頼んでの裁判と考えた場合に、相続などにかかわる話ですし、相手が身内になるわけですからできることならば、自力で臨めないのかなと思うかもしれません。

ですが、判決まで長期化するだけではなく、書類などの整備の問題もありますし、争点の整理などの対策も立てなければいけません。

調停の時のようには行かず、相手も弁護士を立ててきた場合などには対応しきれなくなります。

それに素人が作った関係書類では、裁判所から突き返されることも多くなりますし、勝てる見込みも少なくなるのです。

費用は多くかかるかもしれません。

特に弁護士の場合には、相談料のほかはその弁護士によって価格も費用も違います。

ですが、専門家に頼むという安心感もあります。

泥沼になるようなことに労力を傾け続けることを考えたら、弁護士にかかる費用などは微々たるものと言えるかもしれません。

相続問題を裁判によって決めるのは大変なこと

 - by cosmos9

親族が亡くなった場合に発生した相続権の問題について、遺産を分割する協議が相続人同士の話し合いによってスムーズに決まったり、双方の話し合いで決着しない場合には代理人となる弁護士を交えての話し合いとなり、代理人同士の話し合いであっても決定することになるのでしたらそれで良いのですが、それでも話し合いで決まらない場合も出てきてしまいます。
そうなってきますと、解決する手段としましては裁判所にゆだねるしかなく、その裁判所では遺産分割調停をすることとなるのです。
裁判所にいる第三者の調停委員に間に入って調停をして、まずは相続人と共に話し合うことを実行することになるのですが、それでも決着が付かない場合に、遺産分割審判によって裁判所が遺産分割を決定することになってしまうのです。
遺産分割調停を省略することも可能となっていまして、遺産分割審判にすぐに入れるように申し立てをすることも可能となっています。

このように、相続問題を裁判所にゆだねることになってしまいますと、時間と労力もかかってきてしまいますので裁判ざたにすることなく、個々の話し合いによって決着することができるよう、日ごろから話し合っておくことも必要なのかもしれません。

相続による裁判について

 - by cosmos9

相続で裁判になってしまった場合、いくつかの手続きがあります。
少しでもスムーズに事が進むためにも、ある程度どんな手続きがあるか把握しておきましょう。
まず、相続裁判には「後見開始の審判」「保佐開始の審判」「補助開始の審判」「養子縁組」「特別養子縁組」など実に多くの手続きがあります。


例えば「養子縁組」の場合、家庭裁判所の許可が必要な場合とそうでない場合があります。
必要とする場合は、未成年者を要しとする場合や、後見人が被後見人を養子とする場合です。
許可申立人は養親となる者がなり、申立先は養子となる者の住所地や家庭裁判所になります。
費用は、1人につき収入印紙600円と連絡用の切手。
申請書・養親者の戸籍謄本・養子者の戸籍謄本と住民票の写し・代諾者および養子者の父母でその監護者の戸籍謄本が必要になります。


その他の相続裁判の手続きに関しても、それぞれ必要になる書類や費用が異なります。
しかし、基本的に相続による争いはしたくないもの。
ましてや裁判沙汰なんて避けたいですよね。
そうならないためにも、各相続人の遺留分を考慮し、遺言書を作成する必要があります。
裁判は決して簡単には終わりません。
きちんと話し合い、良い方法で解決できる方法を考えましょう。

訴訟の縮図を他に置き換えてみました。

 - by cosmos9

相続においても訴訟が起こらないわけではありません。

その状況を縮小してまたもや「子どものケンカ」のキャスト形式に置きかえてみましょう。

原告:何かイヤな事をされたと「感じた」子ども。

被告:意識があり「悪いことしたな」と思っているか、実は何気ない言動で相手が怒っているのを知らなかった子ども。

弁護士(双方):どちらも信頼されている学級委員的な子ども。

裁判官:先生。

そのようなキャストになるかと考えます。

日常でよくある構図ではないでしょうか。謝っても許してくれないから余計にこじれることもあるかと。

学級会より職員室でよく見かける光景ではないかと思われます。

民事裁判とも共通点があり、「どちらか一方的に悪い」というわけではないということ。

それから自分たち以外の誰かに入ってもらうことで冷静に判断し解決の方向に向かいたいという気持ちがあることです。

本当は当人同士で和解するのが望ましいのですが、相続の期限は法律で定まっています。

相続に関しての裁判は防ぎたいですね

 - by cosmos9

残念ながら、人は自分にとって不都合なことになると争いごとになります。

身近なことで「子どもどうしのケンカ」などがあります。

これは、お互いの言い分が通らない時に起こることで、それが大人になりお互いに譲れなくなると「裁判」に発展するのです。

相続においても親族間での争いごとがないわけではなく、この場合は民事訴訟という扱いになりますね。

では、どのようにしたら裁判を起こすことができるのでしょう。まずはそこから入っていきましょう。

裁判所に訴えを提起する(訴状提出)ことから始まります。被告人(訴えられてしまう方)の住所のある地域を管轄する裁判所に訴えを提起します。

ここまで書いてみましたが・・・いかがですか?その訴えを起こす前に代理人(弁護士さんなど)を立てます。それにかかる費用や、訴えを起こす際にかかる手数料を入れるとけっこうな出費だと思われます。

時間も労力もかかる話ではないかと考えます・・・。

できれば、相続に関する親族間での訴訟問題は未然に防ぎたいところですよね。

その訴えを起こした方は、自分で決断したことで裁判となりますので多少の覚悟はあって当然なのですが、訴えられた人にとってはどんな気持ちになるのでしょう。

親族としてお付き合いしてきたのに、遺産相続のことで争いごとなんて・・・とても寂しいことではないでしょうか。

そうなる前に、法律相談や遺産を分ける話し合いなど・・・。専門家をまじえての解決を願っています。

相続で裁判に!知っていれば簡単にわかるお役立ち情報!

 - by cosmos9

どんなに仲が良くてもケンカはすることがございます。

「裁判」とはそのケンカが当人同士では収拾がつかなくなり、結果的に誰か代理の人を連れてきて法律を持ち込んでの「口喧嘩」をさせることではないかと思われます。

あまり良い事ではございませんね。

ところがそうなってしまった時はもう避けられないことが多いのでしょうね。

事実、相続に関する裁判事例もたくさんあります。日本では裁判となると「法の裁き」「何となくみっともない気がする」「とても悪いことした気分」など、負のイメージが強いのでなかなか民事裁判に踏み切れない方も多いのではと推測されます。
ところが一旦、訴訟を起こしてしまったら、もうそこは覚悟を決めるしかございませんよね。

では、相続の問題で裁判の原告になってしまった時・・・。

または被告人になってしまった時・・・。

どうすれば良いのでしょうか??

弁護士への相談の手順ってあるの?

相談料とかどれくらいかかるのかしら?

人生において訴訟を起こすことも訴えられることもそれほどないと思われますので当然のように戸惑う事も出てくるでしょう。それこそ煮え湯をひっくり返すほどの驚きや、時として怒りさえ覚えることも考えられるのです。
相続という点では近しい方が亡くなってそれほど時間が経っていない事が考えられます。

当然、悲しみも襲ってくることもあるでしょう。

そんな時に、少しでも有利に働くような知識があれば??

知識ほど頼もしい味方はないはずです。