訴訟の縮図を他に置き換えてみました。

相続においても訴訟が起こらないわけではありません。

その状況を縮小してまたもや「子どものケンカ」のキャスト形式に置きかえてみましょう。

原告:何かイヤな事をされたと「感じた」子ども。

被告:意識があり「悪いことしたな」と思っているか、実は何気ない言動で相手が怒っているのを知らなかった子ども。

弁護士(双方):どちらも信頼されている学級委員的な子ども。

裁判官:先生。

そのようなキャストになるかと考えます。

日常でよくある構図ではないでしょうか。謝っても許してくれないから余計にこじれることもあるかと。

学級会より職員室でよく見かける光景ではないかと思われます。

民事裁判とも共通点があり、「どちらか一方的に悪い」というわけではないということ。

それから自分たち以外の誰かに入ってもらうことで冷静に判断し解決の方向に向かいたいという気持ちがあることです。

本当は当人同士で和解するのが望ましいのですが、相続の期限は法律で定まっています。