相続に関しての裁判は防ぎたいですね

残念ながら、人は自分にとって不都合なことになると争いごとになります。

身近なことで「子どもどうしのケンカ」などがあります。

これは、お互いの言い分が通らない時に起こることで、それが大人になりお互いに譲れなくなると「裁判」に発展するのです。

相続においても親族間での争いごとがないわけではなく、この場合は民事訴訟という扱いになりますね。

では、どのようにしたら裁判を起こすことができるのでしょう。まずはそこから入っていきましょう。

裁判所に訴えを提起する(訴状提出)ことから始まります。被告人(訴えられてしまう方)の住所のある地域を管轄する裁判所に訴えを提起します。

ここまで書いてみましたが・・・いかがですか?その訴えを起こす前に代理人(弁護士さんなど)を立てます。それにかかる費用や、訴えを起こす際にかかる手数料を入れるとけっこうな出費だと思われます。

時間も労力もかかる話ではないかと考えます・・・。

できれば、相続に関する親族間での訴訟問題は未然に防ぎたいところですよね。

その訴えを起こした方は、自分で決断したことで裁判となりますので多少の覚悟はあって当然なのですが、訴えられた人にとってはどんな気持ちになるのでしょう。

親族としてお付き合いしてきたのに、遺産相続のことで争いごとなんて・・・とても寂しいことではないでしょうか。

そうなる前に、法律相談や遺産を分ける話し合いなど・・・。専門家をまじえての解決を願っています。